不動産用語集

任意売却

せっかく購入した物件ですが、住宅ローン等で返済不能になってしまった場合、当然、抵当にいれた不動産は差押になり、競売にかけられちゃいます。

でも、競売ですとかなり市場価格から乖離した所謂「二束三文」で買い叩かれてしまいます。これは債務者に取ってもあまり嬉しくないですが、もっと大変なのは債権者です。銀行さんなどは担保を売ってもまだ残債を回収しなくてはならないので大変です!
任意売却は、競売の強制措置の前に、債権者と話し合い、自らの意思(任意)で売却し、その売買代金を返済にあてます。

競売よりはより市場価格に近い金額で売れますので債務者・債権者ともに競売よりは助かるケースが多いです。
もちろん普通に売るよりはやはり安く買われてしまいます。その理由としては下記に書いたような任意売却が成立する要件があるからです。

任意売却による取引が成立する要件は・・○債務があり、不動産に抵当権等が設定されていること・・○債務に関する支払いが遅延していること・・○債権者と債務者が任意売却をすることで合意していること・・任意売却による買主がいること・・の全てを満たす必要があります。

その他現金決済のみなんてケースも時々有ります。